大相撲初場所が始まりましたが、横綱・白鵬関が4日目に2敗を喫しました。九州場所中に元日馬富士関による暴行事件も問題となりましたが、それに加え横綱審議委員会から白鵬の立ち合いの仕方に厳しい指摘が上がりました。張り手、かち上げは禁止されているわけではありませんが、横綱の地位である力士が張り手、かち上げを多用することが批判され始めました。その後に白鵬自身も「注意されたので改善する」と発言しており、初日から注目を集めました。
初日から4日目まで立ち合いで張り手、かち上げはしていませんが、それによってか不明ですがすんなりと勝つことが出来なくなっています。相手の動きを止めることができるの今までの立ち合いの仕方にはやはり効果があったのでしょう。それが癖になっていたためか今場所は立ち合いに迷いがあり、今までの強さが薄れているように感じます。いくら強い横綱でも自分の相撲スタイルを変えるということは難しいことなのかもしれませんが、もう一度強い横綱の姿を見せて欲しいものです。コスモウォーター 費用