最近、職場で小腹が空いた時にお菓子を食べています。毎日のように、同じコンビニに行ってお菓子を買っています。コンビニにあるお菓子をだいぶ網羅してしまっていたので、違う種類のお菓子も食べたくなりました。仕事がお休みの日に、スーパーに行ってお菓子を調達してくることにしました。休日にスーパーへ行き、まっすぐお菓子売り場に向かいました。子どものようにワクワクしながら、お菓子を選んでいました。スーパーの方が、お菓子の種類が多く、安く購入することができる商品もありました。お菓子をまとめ買いして、家に帰ってきました。買ってきたお菓子を並べて、どのお菓子を会社に持っていこうか選んでいました。コアラのマーチを会社へ持っていこうと選んだのですが、一口だけ食べてみたくなりました。コアラのマーチを開けて、一口食べると、美味しくて感動しました。子どもの頃によく食べていたので、懐かしくなりました。一口のはずが、いつの間にか1箱食べてしまいました。

前夜、テレビジョンで長岡花火を見ました。都内とは変わり、空にさえぎる家屋が乏しい結果、悠然と大きな花火が打ち上げられました。花火は全体的にすさまじさがありましたが、ただ大きいだけでなく、元来美しさもありました。何より立て直し祈願花火の「フェニックス」は、大規模で感動するものでした。

界隈での行事を見て、界隈に住むことにも良さがあるのではないかということを思い出しました。
都会にも里にもそれぞれの良さがあるように思えます。思い切り言われているように、都会は気楽、里は自然が手広くのどかなところが良いと思います。
里は現職が低いのが足元だと思いますが、自然の多い位置で現職が見つかり、そこに住めたら、都会では味わえないような毎日を楽しめるように思えます。
ところで、界隈にもモールが促進し、配達が昔よりもしやすくなったと思います(車での走行が肝が多いとは思いますが)。

ぼくは、精神の都合上、自分で車を運転することはできませんが、父親がまだ車を運転できるので、家族で遠くに航行に行きたくおもうことがあります。いる位置と遠く離れた所に行くと、ガッツを差し換えることができて良いと思います。顔脱毛 料金